ニューラルネットワーク・アルゴリズム

今日のBBC World Newsでgoogleの音声検索アルゴリズム開発チームのインタビューをやっていて結構面白かった。

例えば「イギリス女王の名前は?」と尋ね、その答えが出ると「彼女の年齢は?」と質問するというもので、注目は二度目の質問で「イギリス女王」ではなく「彼女」と訪ねている点だ。なんでも脳科学由来のアルゴリズムを開発したことの成果らしく、音素の分割と結合から検索を繰り返すらしいが、専門的過ぎて意味が分からない。

この分野は1980年代に「人工知能」として一世を風靡したものの、その単純なアルゴリズムから「人工無能」と揶揄され長い間停滞が続いていた。実用的なアプリケーション開発を達成したグーグルだけではなく、マイクロソフトのwindows10にもごく最近になって採用され、再び注目が集まっている様だ。

ただ、誰もいない仕事部屋でPCの| 〇 何でも聞いてください |に向かってつぶやくのは、なんか寂しくみじめな感じがするなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です