三宅依子X’MAS CONCERT行きました

1481042839204

恒例になった三宅 依子さんのX’MAS CONCERTですが、今年はハープの梶 彩乃さんとのコラボでした。全くの門外漢で音を聞くまで知りませんでしたが、素晴らしい表現力のあるハープでした。難しそうな楽器だとは思っていましたが、表現力がある楽器という認識は有りませんでした。
弦が指先から離れる瞬間の摩擦音(破裂音?)さえ心地よく感じました。やはりライブが一番ですね。

さて依子さんの方はヴィス ロボスの黒鳥やバッハの無伴奏チェロ組曲などが素晴らしいと思いました。特に無伴奏チェロ組曲のあたりでは酒も廻って、無伴奏ですが時々現れる通奏低音部分が何とも心地よく感じました。
クラシック音楽を難しく考える人もいますが「音学」では有りません、ライブの臨場感と何よりこの心地よさが最高では無いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です