カテゴリー別アーカイブ: Mods

スーツの可能性を広げた秀逸作

お客様のMさんが一目惚れで「お取り置き」されていた生地で、何を作るの?と言うことになり「大体こんなかんじかなぁ…」とスマホで示された写真を基に作ったものです。

ベースは4ボタンのモッズスーツですが、試着した段階で「これはもうモッズとは言えないね。」と言うことになりました。極端なショート丈、ややルーズなボディーライン、フロントはセミスクエアカット、タックインでややゆったりめのパンツ等が特徴です。

メニューには「テクノポップ風」と書きましたが、正確には「らしく見える」だけで、全く似ていません。当時のものは肩幅が広く上着丈も長かったのです。何となくスクエアな雰囲気が似ているだけです。「ではこれを何と呼ぶのか?」は分かりません。とはいえ、新しいスーツの可能性を示した一品です。

ウィルソン・ピケットの写真から…

某美術系大学のS先生のオーダーされたスーツができました。Facebookのコメントをそのまま掲載します。
「MAD-BIT.comでオーダーしたスーツができた! 実はフル・オーダーは、はじめて。ウィルソン・ピケットが着てた写真を見せて作ってもらった。何時着るんやって話もあるけど、とりあえず卒業式には着ます。」
( ウィルソン・ピケットの写真はモノクロだったのでフィルタを掛けています。 )

成人式の写真が届きました。

卒業後の活躍が期待されている美大生のお客様からFacebookのリンクが届きました。最近はミュージシャンのみならず、美術関係者のお客様も増えていて、お客さんと美術に付いて話す機会も増えています。モダン・アート、パンク・ファッション、フォト、建築、もちろんロック・ミュージックも。若いアーティスト達との会話は、話すこと自体が楽しいです。年を取って失うのは「夢」と「未来」ですから。大事なのは「過去を懐かしむオールディーズ」ではなく「共に未来を創造するモダニズム」だと心がけています。

お客様からの写真です。

先日和歌山からいらっしゃったお客様から写真が届きました。「昨日着させてもらいました! 評判も良くて最高でした! ありがとうございました^_^」との事でした。左のお客様は3ボタンのブリティッシュですがローライズ位置のバックルでやや着崩した感じに、右の方は正統派のモッズスタイルです。こうやって見るとドク・ホリデイとワイアット・アープみたいで、往年の西部劇「OK牧場の決闘」を思い起こします。

本来のオーダー服は

お客様のTさんがスマホを示して「これと一緒のものはできますか?、できればもっと丈を短くして・・・。」と言われて作ったものですが、我ながらそっくりにできたと思っています。もちろん、丈が短くなった分パーツデザインのバランスは変えていますが…。
こんな風にオーダーするカスタマーの方が、最近は増えてきました。本来のオーダー服はこの様なもので、大手の販売する、限られたデザインからサイズだけ選択するのはオーダー服とは言い難いですね。

ダイナミック・シャツ2

センシティブなオーダーメイド・ショートポイントでボタンダウンのダイナミック・シャツです。シャツのサンプルです。襟ヨークポケットは黒で前と後ろが微妙に違うグレーです。ショートポイントに合わせて、ポケットとカフスが小さくなっています。
クレイジーシャツと言っても面白ければよいと言うものではありません。あくまでもクールにセンシティブに大人向けのシャツに仕上げました。
オーダーメイドですから襟型を含めて思った様にデザインができます。参考価格¥13,800-(生地によって価格は変化します)

ダイナミック・シャツ1

ユニオンジャックをモチーフにした60年代風オーダーメイド・ショートポイントでボタンダウンのダイナミック・シャツのサンプルです。襟はショートポイント・ボタンダウン、ヨーク背中心に小さなユニオンジャックが付いてます。ナロータイを締めて普通にスーツ下のインナーとしても着れます。
60年代UK-Mod’sテイストに仕上げました。
オーダーメイドなので部品の色柄は自由に変えられます。参考価格¥13,800-(生地によって価格は変化します)

阪急メンズ大阪で見かけた「着こなしの達人」のトップに…

お得意様のHさんが「阪急メンズ大阪」の「着こなしの達人」のトップに掲載されました。こう言っちゃ何ですが、他の方が市販の製品を卒なく着こなしているのに対して、Hさんはオリジナルの「モッズ仕様チェスターコート」です。さすが決まってます。あぁ、言うまでもなくMAD-BIT謹製です。阪急メンズ大阪

最近話題のモッズシャツです。

できる限り。60’sモッズのティストを含めたモッズシャツです。60’sの復刻版とも見える花柄にエンジ色のクレリック、衿はロング・ポイントのボタンダウンです。頭の中にはこれ以外にも当時の柄物シャツが鮮明に有るのですが、中々実際に出会えません。似たような柄ものならいくらでも有りますが、当時の雰囲気を持ったものにはめったに出会えません。またどこかで60’s柄を見つけたらFaceBookやこのShopNewsに掲載します。

60年代を彷彿させるコーズ・スーツ

フランス、エレガンス社製の細畝コーデュロイで創ったモッズ・スーツです。ブルーグリンの色彩は数少なく貴重で独特の風格を作り出しています。ボタンも60年代の様に皮革製バスケットボタンにして当時のディティールの再現に努力ました。ハンティングキャップを目深に被るとワーキングクラス・モッズの再現です。